住宅コンシェルジュのサービス > 信頼のおうちづくり

あなたのおうちをしっかりと見守ります。
3つの「見える化」で施工前の安心を。
4つの管理体制で施工開始から完成までの安心を。
住宅コンシェルジュが推奨するおうちづくりのカタチです。

土地の見える化

家を建てる土地の地盤調査を行います。
第三者認証システムを用い、不正な入力や改ざんを 防止し、
地盤の安心を保証します。

地震調査報告書

さらに安心!地盤総合保障制度

保証期間は、基礎着工日に始まり、引き渡し日から10年間で、一事故最大で5,000万円まで保証されます。更に!一物件ごとに、大手損害保険会社より、付保証明書が発行されます!!

付保証明書:修復費用がバックアップされている事を
証明しております。

家とコストの見える化

住宅コストの適正化を図るため、建材や設備の仕入れと、施工にかかる人件費を明確にすることで、コストの「見える化」が実現できます。
どのような建材を使い、どのように施工したか。
「住宅履歴書」となる引渡し図書をお客様にお渡しします。

住宅履歴書

イメージの見える化

設計図面をもとにCGパースを作成します。
平面図だけではわかりにくかった建物の詳細を
現実に近い形で表現できるため、
完成前にイメージを確認することができます。

CGパース

住宅コンシェルジュがご提案する施工管理体制

検査機関・施工会社・設計士・第3者による4つの管理体制